チャットで遊ぶサイト 晒チャット

であいけいのwebさいとをつかうひとたちにといかけてみると、ほぼぜんいんが、ひとはだこいしいというりゆうで、みじかいあいだでもかんけいがきずければ、べつにかまわないというとらえかたでであいけいさいとをかつようしています。
かんけつにいうと、きゃばくらにいくりょうきんももったいなくて、ふうぞくにかけるおかねもはらいたくないから、りょうきんがはっせいしないであいけいさいとで、「てにいれた」おんなのこでてごろなかかくでまにあわせよう、チャットで遊ぶサイトととらえるちゅうねんおとこせいがであいけいさいとにはまっているのです。
それとははんたいに、「じょし」がわではすこしべつのかんがえかたをそなえています。
「ねんれいがはなれていてもいいから、晒チャットふくもかってくれてりょうりがおいしいひとをかれしにしたい。であいけいさいとにてをだしているだんせいはもてそうにないようなひとだから、びじんじゃないじょせいでもおもいどおりにあつかえるようになるとおもう…おもいがけず、かっこいいひとにであえるかも晒チャット、おじさんはむりだけど、いけめんだったらでーとしたいな。9わりがたのじょせいはこのようにかんがえています。
ひとことでいうとチャットで遊ぶサイト、じょせいはだんせいのみてくれかきんせんがもくてきですし、だんせいは「おてごろなじょせい」をねらいめとしてであいけいさいとをかつようしているのです。
りょうほうとも、ただあんかにおかいものがしたくてであいをほっしているようなものです。
さいしゅうてきに、であいけいさいとをてきようさせていくほどに、晒チャットおとこたちはじょせいを「もの」としてかちづけるようになり、おんなもじぶんじしんを「しょうひん」としてみなしていくようにかんがえかたがへんかしてしまいます。
であいけいさいとのゆーざーのかんがえというのは、じょせいをじんわりとこころのない「ぶったい」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事