ライブチャット ひかちゅ ツーショット 女

おどろくことにまえけいさいしたきじで、「であいけいさいとのなかでみつけたあいてと女、あたりだとおもってあったらはんざいしゃだった」といったけいけんをしたじょせいのはなしがありましたがひかちゅ、おどろくことにこのじょせいはライブチャット、そのだんせいとのこうさいをすたーとさせることになったのです。
なぜかというと、「ふくそうがすでにやばそうで、ことわることがこわくなってついていくしかなかった」といっていましたが、さらにいろいろなはなしをきいたところ、みりょくてきなところもたくさんあったのでついていくことをえらんだようなのです。
かれがおかしたつみにかんしては、たんとうとよべるようなさいずのはものでにくしんであるおやをさしたということだったそうで、きけんだとかんがえるのがとうぜんかもしれないとおもうひともすくなくないでしょうが女、かんじのわるいぶぶんがなかったようで、女あいそなどもよかったものですから、ツーショットちゅういするほどではないとおもって、ふつうにつきあうようになっていったとのことです。
そのごのかんけいがどうなったかというと、そのだんせいにふしんなところをかんじることがあったので、わかれるすぶりなどみせないままいえをでて、もうもどらないことにしたということになったのです。
とくべつなことなどしていないのにこわさをかんじるようになり、いっしょにせいかつしていたへやから、ほんとうににげるようなじょうたいでとっぱつてきにでていくことにしたそうですが、どうもなにもないがただこわかったというぶぶんがいちばんのもんだいではなくライブチャット、いいあいだけですむようなことで、ちからでなっとくさせようとするし、ツーショットはげしいぼうりょくにうったえるようなしぐさをなにかとみせるから、ひかちゅさいそくされるとすぐにおかねもだし、ひかちゅおねがいされるときくしかなくなり、いっしょにせいかつをつづけていたというのです。

関連記事